しゅんの気まま日記

千葉の奨励会員です。好きなことをゆるーく書きます。

明日は奨励会

 こんばんは。今日は夜の投稿です。

 

 正月も過ぎだんだん普段の生活に戻ってくる頃になりました。私は1日、2日と家でのんびりと過ごし、3日以降は将棋中心の生活に戻ってきました。

 

 今日驚いたニュースとしては将棋界のお隣である囲碁界にて、史上最年少でのプロ棋士が誕生しました。名前は仲邑菫さんで、4月1日付でのプロ入り時は10歳0ヵ月とのこと。中国、韓国が席巻する国際棋戦で活躍できるプロ棋士養成のため、日本棋院が新設した「英才特別採用推薦棋士」に選抜されました。

 

 記事を見て驚いたのは7歳の時に囲碁の修行のために韓国に渡ったとのこと。今の自分がもし同じような状況になったときに、同じようにできるか自信がありません。本当にすごいと感じました。

 

詳細は↓のリンクよりご参照ください。

囲碁の天才少女あらわる。仲邑菫さん、10歳で史上最年少のプロ棋士に | ハフポスト

 

今後の活躍に期待です!

 

 

 そして明日は新年最初の奨励会です。ここで連敗するか連勝するかで今後が大きく変わってくると思うので、意地でも勝ちにこだわって指そうと思います。

 

 今日は以上です。ここまで読んでいただきありがとうございました(*^-^*)

 


将棋ランキング

『大晦日九番勝負』の感想

 新年あけましておめでとうございます。初めましての方も、そうでない方もよろしくお願いします。

 

 まず私事になってしまいますが大晦日ニコニコ動画の企画である『大晦日九番勝負』の記録係として出演しました。そして2018年の年越しは将棋連盟の対局室で迎えることになりました。

 

www.eiou.jp

 

 私の出番は5局目~9局目が担当で、1局目~4局目はもう1人の奨励会員が記録係を務める形です。そのため最短で1局で終わってしまう可能性もありました。最終的には9局目までもつれ込み最終的には永瀬七段が5勝4敗で九番勝負を制しました。年越しを迎えたのはちょうど8局目の終盤あたりだったと記憶しています。

 

 9局目を終えて番組が終了したのが2時30分頃。他の棋士の先生方も『年越し感が全くないなぁ...』と仰っていましたが、私も同感でした。

 

 

 対局の感想ですが、糸谷先生が事前インタビュー動画でも仰っていた通り、使い慣れた戦法を多く採用している印象を受けました。戦型の内訳と結果を下にまとめました。

 

1局目 糸谷先手 後手雁木 〇永瀬1-0糸谷

2局目 永瀬先手 坂田流向かい飛車 〇永瀬2-0糸谷

3局目 糸谷先手 後手雁木 永瀬2-1糸谷〇

4局目 永瀬先手 横歩取り 永瀬2-2糸谷〇

5局目 糸谷先手 後手角交換四間飛車 永瀬2-3糸谷〇

6局目 永瀬先手 一手損角換わり 後手右玉 〇永瀬3-3糸谷

7局目 糸谷先手 角換わり 早繰り銀 〇永瀬4-3糸谷

8局目 永瀬先手 一手損角換わり 後手右玉 永瀬4-4糸谷〇

9局目 糸谷先手 角換わり 先手右玉 〇永瀬5-4糸谷

 

 角換わり系がメインで9局中4局指されています。その中でも右玉が3局となっており、できるだけ指し慣れた戦型にしていることが伺えます。またもうひとつ感じたことですが、今回の持ち時間は45分切れ負けルールだったのですが、切れ負けになりそうな雰囲気が全く感じられなかったです。序盤はできるだけ飛ばしているのもあるのでしょうが、終盤になるまでのスピードが尋常じゃなかったです(^^;

 

 結果として私はこの日に5局務めましたが、とても勉強になることが多かったです。内容はもちろんですが対局室の生の雰囲気は画面越しとは全く違うものがあり、お互いに体力の限りを尽くして対局をする姿はものすごい印象に残りました。糸谷先生、永瀬先生お疲れ様でした。また解説を務めた棋士の先生や立ち会っていた鈴木先生、運営の方々、そして視聴者のみなさん本当にお疲れ様でした。

 

 最後に今回の経験を生かして1日でも早く棋士になれるよう精進していきたいと思いますので、よろしくお願いします。

 

 

 今日は以上です。ここまで読んでいただきありがとうございました(*^-^*)

 


将棋ランキング

2018年を振り返って

 こんにちは。今日は昼の投稿です。

 

 2018年も気付けば年末になりました。個人的にはあっという間な感じがします。そこで今回は自身の2018年について振り返っていきたいと思います。

 

奨励会

 私の一番大事な本業ですが、今年は昇段をすることができませんでした。あと2連勝で昇段できるところ(10勝4敗)までいきましたが、そこから敗れてしまい以降はチャンスを作ることができませんでした。ただ年末最後の例会では2連勝で終えることができたので、これを生かして年明けから勝ち星を伸ばしていきたいと思います。目標は3月までに昇段して次回の三段リーグに参加することです。

 

 

奨励会以外の将棋

 今年は例年以上に将棋教室などの普及活動を行いました。主に毎週月曜日に師匠が経営している『所司一門将棋センター 津田沼店』の一門ゼミを担当しました。一般の方でも大歓迎ですので、興味のある方はぜひいらしてください(宣伝)。また師匠が経営する道場の2号店である青砥店では、月1回でお稽古会を開催しました。来年度も継続して行います。こちらもよろしくお願いします。

 

 単発の企画としては春休みの朝を利用して棋譜研究会を行いました。これは津田沼店限定で行いました。対象は初段以上でしたが級位者の方も来ていたので、できるだけ理解できるよう心掛けました。内容としてはプロ棋士棋譜を中心に解説を交えながら進めていくものです。ただ大盤だけを使っても飽きると思ったので、実際に一人づつ盤駒を用意して動かしてみました。需要があれば来年も行いたいと思います。

 

 初めてと言えば10月にはタイトル戦の記録係を務めました。王座戦第3局です。斎藤七段が2連勝で中村王座が角番まで追い込まれていました。そのため決着局になる可能性のある重要な一局でした。終始緊張していましたが、何とか最後まで滞りなく務めることができました。ただタイトル戦のおやつは食べたかったなぁ...(^_^;)

 

 そして何と言っても自分のなかで今年一番印象に残っているのは『熊谷俊紀怒濤の七番勝負』のイベントです。初めて企画を聞いたときには『自分で本当にいいのだろうか?』と思いましたが、このようなチャンスは二度と無いと思いすぐに引き受けました。対局した相手と結果ですが

 

1局目 近藤誠也五段 ●

2局目 みずたまさん ○

3局目 加藤幸男さん ○

4局目 石田直裕五段 ○

5局目 掘彩乃女流2級 ○

6局目 石井健太郎五段 ●

7局目 山本博志四段 ●

 

となりました。結果としては勝ち越せたので満足!......とは思っていません。勝ち越しが決まってからの連敗はとても悔しいですが、これが今の実力だと受け止めています。また最終局の山本五段戦のときには『りゅうおうのおしごと!』の作者である白鳥士郎先生よりサイン入りグッズを提供いただきました。私が秋葉原で初めて会ったときに話していなかったら縁が無かったと思うと、いまでも不思議な感じがします。最後にこのような企画に参加していただいた全ての方に感謝します。本当にありがとうございました!

 

 

③趣味

 私は以前のブログをみた方なら分かると思いますが、アニメ観賞と映画、ポケモンが好きです。

 まずアニメ観賞ですが、今年は冬シーズン(1~3月)のときに人生で一番みました。ちょうど『宇宙よりも遠い場所』『からかい上手の高木さん』『ゆるキャン△』という自分にとってはストライクな作品が多かったのでハマりました。他にも5本近く完走しました。ただ春シーズン以降はほとんど見れていないです(^_^;)

  次に映画ですが、今年は夏から秋にかけてみていました。メジャー所といえば『泣き虫しょったんの奇跡』『未来のミライ』『カメラを止めるな』でしょうか。他には自分はみれなかったですが『若おかみは小学生!』も興味があります。先ほど挙げた作品はどれもおすすめです。

 最後にポケモンですが、今年はあまり結果を残すことができませんでした。今年は主にラティクチ(ラティアス+メガクチート)軸を中心に使っていましたが、最終的にしっくりくるパーティーは見つけることができませんでした。最高R1800台止まりです。ただ軸自体は弱くないので、来年以降も研究していこうと思います。

 

 

④大学

 こちらもTwitterには書きましたが、前期の時点で卒業単位に到達したため、後期は大学に行っていません。実質8月からフリーター状態です。ただ大学の人に誘われてフットサルに行ったりはしています。私は決して大学での親友は多くはないですが、今でも仲良くしている方とは今後も縁を大事にしていきたいです。

 

 

  長くなってしまいましたが、2018年は振り返ってみると様々なイベントがありました。良いことや大変だったことなど様々ですが、自分の中では貴重な経験となっています。来年度はさらに良い年にしていければと思います。

 

 このブログを投稿し終えた後は、今年の仕事納めに向かいます。場合によっては年越しの可能性もありますが、それでもそれも良い思い出にしたいと思います。

 

 今日は以上です。ここまで読んでいただきありがとうございました(*^^*)

 


将棋ランキング

約2ヵ月半ぶりのブログ

 こんばんは。約2ヵ月半ぶりのブログの投稿です。

 

 最後に記事を書いたのが9月2日と気づけば約2ヵ月半ほど空いてしまいました。投稿をしなかった理由はいくつかあったのですが、主に文章を書くのが面倒になってしまい、ズルズルと時間だけが経ってしまったのが原因です。また再び書くきっかけが無くなり現在に至った次第です。

 

 再び書くきっかけとなったのは、昨日大学の友人との夕食の帰りに、最近書いてないのを聞かれたことです。そこで自分も「翌日に書かなかったらもうやらないだろうな...」と思い今日書いています。

 

 

 今日のテーマですが、大学に通わなくなってからの日常について書こうと思います。以前Twitter上に書きましたが、4年の前期の時点で無事に卒業単位を取得しました。そのため後期は大学に行く必要がなく「将棋の勉強に集中できる!」と意気揚々としていました。

 

 ...しかし自分が思っていた以上に時間がたくさんあるのも問題なことも分かりました。例えば時間が長すぎるが故にメリハリがつかずグダグダ時間を使ってしまったり、そもそも朝もちゃんとした時間に起きれない(昼まで寝てしまう)など時間を有効活用できないといったことが起こりました。また一番厳しく感じたことは「このまま大学を卒業したらどうなるのか...」といった焦りが生じてきていることです。改めて人間は時間がありすぎる状態は良くないと感じました。むしろ大学生活があったほうが生活リズムが整い良いのではと感じるほどです。このあたりは今後の課題です。

 

 あと劇的に問題だと感じたことは、将棋以外のことについて学習意欲が大幅に減ったことです。具体的には本やニュースなどを読む機会が減ったことで、想像以上に自分の学んだことが抜け落ちる現象が起こってきました。常に様々な分野において学習意欲を持ち続けることの大切さを学びました。

 

 ただし勿論全てがデメリットな訳ではありません。主に研究会やVSをする機会が増えたのでその点では非常にプラスになっています。今後もできる限り増やしていきたいと思います。

 

 

 明日は記録係なのでしっかり勉強しようと思います。今日は以上です。ここまで読んでいただきありがとうございました(*^-^*)

 

 


将棋ランキング

三段リーグと今後について

 こんばんは。今日は夜の投稿です。

 

 今日は三段リーグの最終局がありました。結果は既にネット上に公開されており知っている方も多いと思います。今期は本田奎三段と山本博志三段が四段に昇段しました。

 

 まず本田新四段ですが私の同期です。スタートラインは同じでしたが、常に自分の一歩や二歩先を進んでいました。常に追いつこうと思っていましたが、結局追いつくことは一度もありませんでした。得意戦法は本格的な居飛車党で王道を征く将棋です。

 

 次に山本新四段は同期ではありません(山本新四段が2期先輩です)が、私の同級生です。また奨励会の二次試験でも当たったこともあり、自分の中では印象深い奨励会員のひとりです。得意戦法は三間飛車スペシャリストで、師匠の小倉久史七段と共著で『三間飛車新時代』という本を出されています(宣伝)

 

 この2人に関して記事を書くと止まりそうにないのでこの辺りで割愛します。

 

 そして以下は私の感想です。昇段された2名は実力があっての昇段だと感じているので、素直におめでとうと言いたいです。ただ黙っているばかりの自分ではありません。今から全勝しても既に次回の三段リーグには参加できないことが決まっていますが、その次の三段リーグには必ず参加して一期抜けを目指します。今の自分には足りないところが多いので、今まで以上に気持ちを切り替えて取り組んでいこうと思います。

 

 

 今後についてですが、Twitterをはじめブログでも投稿頻度を減らす方針です。最近はフォロワーの方も増え、それに伴いブログの閲覧者が増えているのはありがたいのですが、想像以上に他の奨励会員にも見られていることに気づきました(というより直接私に報告を受けているのですが)。情報の出し過ぎもかえって不利になるケースが生じてきます。そのため四段に昇段するまでは減らしていく方針です。ただTwitterやブログを消すなどの措置は取る予定はないので、その点はご了承ください。

 

 

 しばらく本気で将棋に取り組みます。

養老渓谷に行ってきました

 こんばんは。今日は夜の投稿です。

 

 今日は昨日行った養老渓谷について書きたいと思います。今回は大学の同級生と2人で行きました。以前も夏休みには千葉県内の日帰り旅行を行っており、今回が3回目です。

 

 1回目はアマガミ聖地巡礼のため銚子市に行きました。ただし観光スポットがある国は遠すぎるため、自転車で強行して回りました。七咲回をはじめ、作中に出てくる公園のブランコを小学生の後ろに並んで待ったのもいい思い出です。

 

2回目は鋸山へ山登りに行きました。山頂が329.4mと非常に低いためすぐに登れると思っていましたが、歩き始めて10分足らずで息切れを起こしてクタクタになってしまいました。時間をかけながら山頂まで登ったときの達成感は素晴らしかったです。次も機会があれば山登りをしてみたいです。

 

 そして今回は養老渓谷に行ってきました。名前は以前から知っていましたが、実際に行ったことが無かったのですごい楽しみでした。

 

 電車で向かったのですが、途中のJR五井駅にて小湊鉄道に乗り換えました。小湊鉄道も乗るのが初めてでICが使えないと聞いたときには非常に驚きました。また目的地である養老渓谷駅まで行く場合は1日フリーパス(大人1800円)を買ったほうが安く、どれだけJRが安いかを実感しました。

 

 ただし小湊鉄道は外の景色が非常に素晴らしく、秋になると車内から紅葉がきれいに見えるそうです。紅葉のシーズンになったらひとりで行ってみようかな...

 

 電車で50分ほどで養老渓谷駅に到着し、そこからバスで滝の入口まで行きました。そして先にすぐ近くにあるレストランで昼食をとりました。レストランでは地元の錦爽鶏団子そばをいただきました。非常にヘルシーで美味しかったです。

f:id:toshikzu1102:20180831193411j:plain

 

 食事を終えたあとは滝に向かいました。家族連れが多く滝の下の川辺で遊んでいた子どもたちも見かけました。今回は粟又の滝に行きましたが、滝の下から臨む景色は非常に迫力がありました。その後は川辺に沿って下っていきました。ただし途中でイモリやヘビなどが普通に目の前を通り過ぎていったときには悪寒が走りました()

 

 滝巡りを終えた後は露天風呂に行きました。さすがに中は撮影できませんでしたが、自然が広がる中で入る温泉は贅沢ものでした。これを幸せって言うんだな...と考えながらボーとしていた次第です。

 

 温泉を出るとすぐにバスに乗りました。最終便が15:30と早いためたくさん巡ることができなかったのが唯一悔いが残る点です。多く巡りたい方は車で行くことを推奨します。

 

 以上で養老渓谷のレビューを終えたいと思います。千葉県のなかに残っている貴重な自然を体験することができたので、興味のある方はぜひ行ってみてはいかがでしょうか。

 

 今日は以上です。ここまで読んでいただきありがとうございました(*^-^*)

 


将棋ランキング

 

 

 

追記】今回レストランと露天風呂があった場所を下のリンクに貼りました。こちらも興味のある方はぜひご参照ください。

www.goriyakunoyu.jp

夏休み最後のイベント

 こんばんは。今日は夜の投稿です。

 

 今日は青砥将棋センターにてイベントを行いました。今日は夏休み最後ということで、私の他に石井健太郎五段、堀綾乃女流2級、小高悠太郎三段、窪田大地1級が参加しました。私は『熊谷俊紀 怒涛の七番勝負』のイベントを兼ねて、堀先生、小高さん、石井先生の順に対局を行いました。

 

 七番勝負の5局目は堀先生との対局でした。手番はこちらが先手で、戦型は角換わりの最新形のひとつである同型になりました。うまく仕掛けましたが、常に後ろにつかれる展開となり難解な局面が続きました。最後は何とか攻め切って勝つことができました。

 

 6局目は石井先生との対局でした。こちらも私の先手となり、戦型は先手が居飛車に対して後手の石井先生はノーマル四間飛車でした。穴熊にするか迷いましたが、やりたかった急戦を採用しました。仕掛けがうまくいったと思いましたが、こちらの玉は薄いので実戦的には大変だったように感じます。最後は美濃囲いの堅さを生かされてしまい敗れました。

 

 これをもって七番勝負は●○○○○●の4勝2敗となりました。勝ち越しは決まりましたが、負けてしまった対局は今でも悔しいです。この気持ちをバネに今後の奨励会の対局に活かしていきたいと思います。

 

 対局を終えた後はお稽古会を四面指しで行いました。平手が中心でしたが、横歩取りの青野流を教えて欲しいという要望には痺れました。正直むしろ教えて欲しいという気持ちもありましたが、重要な手順は何とか覚えていたので教えることができたので良かったです。ただ手順が怪しいところがあったので、このブログを投稿した後に研究しようと思います。

 

 そしてこのブログのタイトルにもなっていますが、夏休み最後のイベントを終えました。七番勝負の企画もあり、青砥には今月だけで3回行きました。また青砥以外にも稲毛や新八柱など様々な場所で指導対局などを行いました。正直ここまで将棋に詰め込んだのは人生で初めてだったのですが、とても楽しい時間を過ごすことができました。改めて将棋を頑張ろうという気持ちを持つことができました。10月から始まる次回の三段リーグは間に合いませんが、その次のリーグには必ず入れるよう精進していこうと思います。

 

 

 自分の全てに関わった方に感謝します。

 

 

 今日は以上です。ここまで読んでいただきありがとうございました(*^-^*)

 

追記】イベントを終えた後に生ビールを飲みましたが、最高に美味しかった!.........とは言えないですね。まだまだ大人になれない気がします(^^;

 


将棋ランキング