しゅんの気まま日記

千葉の奨励会員です。好きなことをゆるーく書きます。

大学の学部について

 こんばんは。今日は大学生活について書きたいと思います。

 

 

 私は現在東京の大学に通っており、現在は3年生です。学部は法学部の法律学科に所属しています。名前の通り法律の勉強がメイン! 

と思いきや、現在履修している授業の大半が法律以外の科目であります。理由としては1年時に基礎科目として六法のなかの『憲法』『民法』『刑法』を履修したのですが、どうも自分にはあまり興味が湧きませんでした。その代わりに興味が湧いたのが国際関係です。現在の社会的な問題や出来事について分かっていたつもりでも、実際は基礎知識が無く勘違いをしていたことが何度もありました。それがとても悔しかったので、主に国際関係の授業を中心に現在は履修しています。法学部の場合は最低限の法律の授業を履修すれば、他の学部の授業も履修できる(他の学部と比べて必修単位が少ない)のが強みだと思っています。つまり、自分が好きなことを勉強できる環境が整っているのが大学であると紹介したかっただけです。また学部に囚われず幅広く学習することも大切です。

 

 そして私事ですが、来週の1科目試験を終えると春休みに入ります(つまり3年次が終了します)。ここまでやってきた感想としては、大学って何もしないとただ時間だけが過ぎる場所であるなということです。もちろん大学で友人と過ごした時間は楽しかったですし、その場所でしかできないこともあります。しかし何か目標を持たないとグダグダ過ぎるだけになってしまいます。これらの反省を踏まえて、春休みからは自身の目標を設定して、具体的に行動するようにしていきたいと考えています。

 

 

 今日はここまで。明日は奨励会の対局があるので、精一杯指して自分の実力を出し切れればと思います。

 


将棋ランキング