しゅんの気まま日記

千葉の奨励会員です。好きなことをゆるーく書きます。

初IKEAと本日の藤井五段の対局

 こんばんは。今日は夜の投稿です。

 

 今日は初めてIKEAに行ってきました。IKEAとはスウェーデン発の家具屋さんで、品揃えや品質の良さに特徴を持っています。元々私の家の近くにあったのですが、ひとりではなかなか行く機会がなく長年経っていました。

 

 その中で今日は大学の友人と家具の下見も兼ねて行きました。行ってビックリしたのは、やはり広さです。1階から4階まで家具を取り扱っていますが、今日は1階のみを回るだけでクタクタになってしまいました。お目当てのものは見つからなかったですが、帰る前にフードコート前にあるベーカリーを購入し食べました。商品はスウェーデンをはじめ海外のものを取り扱っているだけあり、非常に美味しかったです。今度ひとりで食事目的で行こうかなぁ...と思ったり。

 

 そして夕方ころの移動中に棋譜中継を見ていたら、藤井五段がものすごい勝ち方をしていました。

 

f:id:toshikzu1102:20180214232305p:plain

  先手が藤井聡太五段で後手が古森悠太四段です。本譜はここで△35歩と仕掛け、▲同歩△36歩▲34歩△37歩成▲33歩成と一直線に進んで以下は下図となりました。この局面の仕掛けはあまり良くなかったとの感想がありましたが、感想戦で指摘されていた△44歩は▲65角が好手になりやすいだけあり、実戦的には指しにくいと思います。

 

f:id:toshikzu1102:20180214232647p:plain

 この局面は一目先手の飛車をソッポに利かせているので後手が満足に見えます。また本譜でも指しましたが△29角が厳しく、個人的にはかなり振り飛車が指せそうに見えました。しかし藤井五段の構想はもっと先にありました。以下▲48飛△28歩成▲同銀△36桂▲58金左!(下図)と進みました。

 

f:id:toshikzu1102:20180214232947p:plain

 ここまで進んで先手の構想が見えてきました。先に飛車を取らせても▲39金~▲29金と進めば実質桂得になるというものです。この手順を実戦で踏み込むのは非常に怖く、少しでも穴があれば負けの局面になります。しかし藤井先生はこの後しっかり駒得を果たし勝ち切りました。少なくともこの対局の▲58金左は今後も語り継がれる手だと思います。もう何度も思いますが、本当に中学生なのだろうか...と。

 

 この記事を編集していると、非常にやる気が出てきました。早く対局して藤井将棋を体感したい。そのためには早く四段にならなくてはいけないです。普段よりももう少し、あと一歩分将棋の勉強をして寝ようと思います。

 

 今日は以上です。ここまで読んでいただきありがとうございました。


将棋ランキング