しゅんの気まま日記

千葉の奨励会員です。好きなことをゆるーく書きます。

『バトルオブシンオウ』のお知らせと考察

 こんばんは。今日は夜の投稿です。昨晩は深夜にも投稿していたので、本日2度目の投稿になります。

 

 今日のテーマは『バトルオブシンオウ』のお知らせです。これはポケモンのインターネット大会で、シンオウ図鑑ポケモンのみ参加できます。エントリー期間が2月15日から23日の8:59までとなっており、2月23日9:00から26日8:59までとなっています。参加方法などの詳細については、下のリンクよりご確認ください。3ds.pokemon-gl.com

 

 普段私はインターネット大会には出ないのですが、私がよく見ているポケモン実況者のあみゅさん(@inami_pocket)が参加されるということで興味を持ちました。またこの大会は参加賞で50BPが貰えるのも大きいです。そして今回は先立ち大会考察を進めていきたいと思います。

f:id:toshikzu1102:20180220220718j:plain

 まず参加できるポケモンですが、以下のリンクより確認できます。全部で108匹と少なめです。

yakkun.com

 

 また考察をすすめるにあたり、今回の大会の練習戦を兼ねてポケモン実況者のafouさん(@afooooou_2525)が主催の仲間大会が開かれ、そこで上位使用ポケモンが発表されたのでそれを参考にしたいと思います。

 バトルオブシンオウ第1回仲間大会

f:id:toshikzu1102:20180220221726p:plainf:id:toshikzu1102:20180220221755p:plain

 ハッサムが一位なのはビックリしましたが、これはこのルールにおいては炎タイプで強いポケモンが少ないからだと予想できます。30位内において炎タイプで存在するのは、ヒートロトムゴウカザルのみとなっています。そのような環境であればハッサムが刺さりやすいのは容易に想像できます。そして2位のガブリアスは久々の復活を感じさせます。こちらは妖タイプが少ないため逆鱗が一貫しやすい点や、ハッサム対策として炎の牙を覚えるのが理由だと考えられます。よってこの2点は最低限対策しないといけないと考えられます。またネット記事を読むとマリルリ(4位)の選出のしやすさも特徴に挙げられています。このあたりも対策する必要がありますね。

 

 そして戦いの傾向ですが、上位パーティを見る限りではサイクルパーティが中心になることが予想されます。そのため対面構築では相性が悪いため、サイクルパーティを組むか害悪or積みパーティを組むのが無難です。特に今回はミミッキュのような後者のパーティ全般に強いポケモンが参加できないため、非常に刺さることが予想できます。これらを意識してパーティを組んでみてはいかがでしょうか。

 

 ...とここまで書きましたが、私もまだパーティが完成していないので、大会が始まるまでにしっかりとパーティを完成させて臨みたいと思います。

 

 今日は以上です。ここまで読んでいただきありがとうございました(*^-^*)

 

 【追記】

 あみゅさんが大会の最終調整を兼ねて、22日19時から23日26時まで仲間大会を開くことが決まりましたのでお知らせします。