しゅんの気まま日記

千葉の奨励会員です。好きなことをゆるーく書きます。

そして日常に...

 こんばんは。今日は夜の投稿です。

 

 この2日間はほとんど家で対戦していました。ラストスパートを懸けた戦いです。何とか最高Rは1810まで届きましたがそこから溶かしてしまったので、今季はここで撤退しようと思います。途中で何度もパーティを変えていた点から分かる人もいると思いますが、自分の中でしっくりくるパーティを作れなかったのが原因だと考えています。そのため、次のシーズンではもっと構築を練っていきたいと思っている次第です。

 

 そしてここで記事を書く手が止まってしまいました。何とってもこの2日はまともに情報を入れていなかったので話題がないのです。うーん...

 

 ということでせっかくここまでポケモンに触れていたので、今日は自分とポケモンについて書きたいと思います。以前も書いていたかもしれませんがご了承下さい。

 

 初めてポケモン対戦に興味を持ったきっかけはニコニコ動画でめたそる氏が投稿している役割論理シリーズの動画です。全く知識のない私でしたが、戦略が非常に理にかなっていると考え興味を持ちました。またちょうどその頃にORASのTheLastFestivalという6世代最後の実況者大会があり、そこに出場していた実況者がどれも面白く『自分もやってみたい!』という気持ちになりました。

 

 本格的なレート対戦を始めたのは7世代のSMからで、やはり役割論理を用いたヤーティを使用していました。その時は6世代のポケモンが参加できない(バンクが解禁されていないため)環境だったので、これまでとは全く異なる環境でした。序盤はミミッキュが強すぎて環境に蔓延しており、その対策でメガギャラドスがすごく増えたことを記憶しています。ちょうどギャラドスの龍舞からメガシンカをすると、特性の型破りで化けの皮を貫通して滝登りが確1にできたためです。その後AB振りのミミッキュが考案された、完全な対策とは呼べなくなったのはまた別の話です。

 

 話題が逸れてしまいましたが、そんなこんなで細々とレート対戦を続けています。Twitterなどのポケモン界隈を見ると、多くの方がR2000達成などを軽く成し遂げており、すごいなぁと感心するばかりです。来季はもう少し頑張りたいです。

 

 明日からは日常に戻ります。ポケモンはもちろん楽しいですが、将棋はそれ以上の楽しさを感じます。こちらにシフトして精進していきたいと思います。

 

 今日は以上です。ここまで読んでいただきありがとうございました(*^-^*)

 


将棋ランキング