しゅんの気まま日記

千葉の奨励会員です。好きなことをゆるーく書きます。

藤井七段、竜王戦5組優勝 【魅せる寄せ】

 こんばんは。今日は夜の投稿です。

 

 今日は竜王戦5組決勝の石田直裕五段-藤井聡太七段戦について書きたいと思います。序盤は角換わりとなり、先手の石田先生が仕掛ける展開となりました。

 

f:id:toshikzu1102:20180605214327p:plain

 上図の局面まではこの形ではよくある展開で、個人的には▲1五歩と攻める手順だと思っていました。しかし本譜は▲1三桂成とタダ成りをしました。△同香は▲2五歩の攻めが嫌らしく、△同銀は▲2三銀成が残ってしまいます。そのため△同桂としましたが、▲1五歩と端攻めが厳しくこのあたりはいい勝負だと思います。

 

f:id:toshikzu1102:20180605214901p:plain

 先ほどの局面から攻め合いになり現在の局面は▲7二銀と割打ちをしました。一目厳しそうなので先手が勝ちに見えますが、実はこの手が敗着となってしまいました。ただこの局面であれば私も間違いなく銀を打ちます。

 

 この手が敗着になった理由は、この後先手玉に詰めろが続くためです。本譜は△8六飛▲8七歩△7六飛▲7七歩△同飛成!▲同金△8五桂▲7六金△7八歩▲同玉△7七歩▲8八玉△7八銀(下図)と一気に受けなしまで持ち込みました。

 

 途中の△(7七)同飛成がものすごい踏み込みです。少なくとも私には全く見えていない手でした。仮に銀が取れるなら考えるかもしれませんが、歩を取るのにはかなり不利感があります。また後手玉も飛車を渡すのは非常に怖いので、しっかり読み切らないと指せません。このあたりが藤井将棋の終盤力を感じます。

 

f:id:toshikzu1102:20180605215353p:plain

 この局面から▲7八角としましたが、以下△同歩成▲同玉△8六桂▲同金△7七銀▲同桂△同歩成▲同玉△6六角▲6七玉△7七金(下図)で投了となりました。

 

 詰将棋の過程においても様々な詰みがある中、先手にとって変化できない手順で仕留めました。投了図も綺麗になっていますね。投了図以下は▲6六玉△5五角▲5六玉△4四桂▲4五玉△3四金でピッタリ詰みます。

 

f:id:toshikzu1102:20180605215940p:plain

 

 この将棋の個人的な感想としては、後手番らしい勝ち方をうまくしているということです。先手番に先に攻めさせて、攻めあぐねたタイミングで一気に仕留める。本局はそのお手本ともいえる将棋でした。いやぁ...すごいですね。

 

 ただ中盤のあたりはお互いに難しい局面が続いていたので、今後も出てくる可能性があります。特にこの展開は後手の勝率が悪かっただけに、この対局を機に後手番が採用するかもしれません。このあたりは研究課題ですね。

 

 本局を持って竜王戦5組が決まり本選出場となりました。1回戦目は6組優勝の都成竜馬五段との対局になります。どこまで勝ち進むことができるのか。要注目です!

 

 

 今日は以上です。ここまで読んでいただきありがとうございました(*^-^*)

 


将棋ランキング