しゅんの気まま日記

千葉の奨励会員です。好きなことをゆるーく書きます。

将棋倶楽部24にて新ルールの実装!

 こんばんは。今日は夜の投稿です。

 

 今日の話題は将棋倶楽部24(以下24)の新ルールの実装について書きたいと思います。私もネット対局では1番用いているのが24ということもあり、この情報を知って驚いた次第です。

 

 これまでの24では主に4種類の時間設定ができました。

 ①早指し:持ち時間1分 秒読み30秒

 ②早指2:秒読み30秒 考慮時間1分

 ③15分:持ち時間15分 秒読み60秒

 ④長考:持ち時間30分 秒読み60秒

 

 基本的には上位レートでは①②が多い印象です。理由としては様々なものがありますが、1番は③以降は1局の時間がかかり過ぎることが原因だと考えられます。私もほとんど①②しか指しません。

 

 その中で今回の新ルールですが以下の通りになります。

 ⑤早指3:持ち時間5分 1手毎5秒追加 (フィッシャールール)

 

 フィッシャールールとは、主にチェスなどで用いられる時間設定のことで、1手指すごとに時間が加算されていくシステムになっています。もちろん秒読みはなく、時間が切れたら負けな点には注意ですが(^^;

 

 また今回の新ルールの実装をした理由としては、羽生善治二冠が提案されたAbemaTVトーナメントから採用したからと考えられます。私もとても気になっているので、しっかり放送を見て勉強しようと思います。初回は6月17日(日)の20時からということで、興味がある方は下のリンクからご参照ください。

guide.abema.tv

 

 また24は早指3の実装は、明日の6月15日(金)のサーバ保留後となっているようです。こちらも詳細は下のリンクからご参照ください。

www.shogidojo.net

 

 私も今回は興味があるので、明日以降からさっそく指してみたいと思います。以前似たようなルールでやったことがあり、その時は確か持ち時間1分 1手毎10秒追加でした。しかし10秒追加は想像以上に大きく、序盤を終えた段階で10分近くまで増えていました。今回はその時ほど時間が増えないと思うので、どのようになるのでしょうか。明日以降のお楽しみですね。

 

 今日は以上です。ここまで読んでいただきありがとうございました(*^-^*)

 


将棋ランキング