しゅんの気まま日記

千葉の奨励会員です。好きなことをゆるーく書きます。

青砥将棋イベント 感想戦!

 こんばんは。今日は夜の投稿です。

 

 今日は所司一門将棋センター青砥店にてイベントを行いました。私は青砥駅で待ち合わせをして、13時にゲスト棋士と共に道場に向かいました。今回は参加する棋士を直前まで伏せるというサプライズをしました。本店のTwitterにてアンケートを行い以下の結果となっていました。

 

 

 予想では松尾八段が僅差で近藤五段より多く1位でした。そして本日は......近藤五段がゲスト棋士として登場しました。近藤五段とは同じ千葉県出身の同級生で、低学年の頃からよく県予選で戦ってきました。常に自分よりも一歩先を行っている棋士で、悔しい思いがありました。今日は久々に指せるということで、事前に作戦を練ってきました。

 

 そして今日は『熊谷二段 怒涛の七番勝負』という企画も行っており、1局目の相手は近藤五段となりました。この企画は当初ものすごい恥ずかしかったので躊躇ったのですが、強い方と指せる貴重な機会ということで引き受けました。

 

 近藤五段との1局はこちらが先手で角換わりの▲2九飛-4八金の同型となりました。先手番だったらこの形で指すと決めていたので迷いはありませんでした。そしてこちらが先に仕掛ける形となりましたが、丁寧に受けられてしまい攻めが中途半端になってしまいました。まだ頑張れると思っていましたが、その後はキッチリ反撃を決められ敗北。近藤五段の厚い壁を感じました。

 

 

 その後は『10秒将棋でチャレンジ』の企画を行いました。私と近藤五段がお客さんの腕自慢の方と指すというもので、私は駒落ちで行いました。

 

 1人目は七枚落ちという珍しい手合いを提案されビックリ。角側の銀を落としました。こちらの攻めに対して丁寧に受けてこられたので負けたと思いましたが、最後受け方を誤ってしまったようでなんとか勝利。席主の方に軽く怒られてしまいました(^^;

 

 2局目は八枚落ち。対局相手の方は将棋を初めて間もないということでしたが、序盤からしっかり指されていました。しかし私が本気で罠を仕掛けたのに気づかず引っかかってしまいました。その手順は今後も出てくるかもしれないということで、その点を中心に感想戦は行いました。今後に期待です!

 

 3局目は飛車落ち。定跡でくることを予想していましたが、ノーマル四間飛車からしっかり高美濃囲いを組んできました。こちらは少し無理気味に仕掛けましたが、本譜は功を奏して仕掛けが決まりました。仕掛けの前後の対応を中心に感想戦を行いました。

 

 

 10秒将棋の企画が終了後は『お稽古会』ということで、4面指しを1時間半行いました。手合いとしては平手から六枚落ちまで幅広く行いました。最後まで集中されている方が多く、こちらにも熱が伝わってきました。

 

 お稽古会が終了した後は近藤五段との記念色紙を書きました。私のような奨励会員が書いてよいものなのかと考えましたが、せっかくの機会ですので書かせていただきました。ありがとうございます(*^-^*)

 

 

 色紙を書き終えた後は、『熊谷二段 怒涛の七番勝負』の2局目斎藤アマと対局を行いました。斎藤さんとは初対面だったので、どのような将棋を指すか完全に未知数でした。そのため近藤五段戦と同様の作戦で行こうと思いました。本局は後手番になったため△7四歩取らせ戦法を採用しました。この形は先日の名人戦で羽生二冠が採用しており、私も興味を持っていた使いました。本局は歩を取らなかったため、穏やかな展開となりました。仕掛けはこちらが行い、主導権を握る展開に持ち込むことに成功しました。ただ形勢自体は非常に難しく、最後は相手の攻め急ぎすぎがあったので、うまく対処して勝ち切りました。2連敗は免れて良かったです。

 

 この企画は今日の結果で1勝1敗となりました。残り5局残っていますが、全ての対局で全力を尽くしていきたいと思います。今後の相手は全員は聞かされていないので、誰がくるか非常に楽しみです!

 

 私としては席上対局のような形でたくさんの方に見ていただきながら指すことは滅多にないことなので、非常に貴重な経験となりました。対局前は緊張するかなと思っていましたが、対局中は自分でもビックリするくらい周りが消えて対局に没頭することができました。集中する場を整えていただいた参加者の全員に感謝します。

 

 最後に青砥でのイベントは来月も行う予定です。企画の内容が決まり次第Twitterまたはブログ等で告知をすると思いますので、その時はよろしくお願いします。

 

 

 今日は以上です。ここまで読んでいただきありがとうございました(*^-^*)

 


将棋ランキング